大人にきびの予防は保湿がカギ!

思春期を過ぎて、大人になっても悩みが尽きない肌トラブル「にきび」。

10代のような脂性肌ではなく乾燥肌なのにどうして…と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
思春期のにきびは過度に分泌された皮脂が原因です。

ですから、こまめに洗顔をしたり清潔を保つことに重点をおきます。

しかし、大人の肌は皮脂が少なく、いわゆる「乾燥肌」であることも少なくありません。

この場合、思春期のような予防方法で洗顔を何度も行ったりするのはかえって逆効果です。

乾燥肌の人は、肌の表面が乾くと、表面を潤そうとする働きがおこり皮脂が過剰に分泌されることがあります。

ジョルダンニュース!の基本知識を紹介しています。

これにより、毛穴が詰まってにきびができるのです。

にきびの情報を得られます。

ですから、洗顔によって肌の皮脂が過剰に奪われれば奪われるほど、皮脂が分泌されて「乾いているのににきびができる」といった現象が起きてしまうのです。ですから、まずは乾燥を予防することが第一です。


まず、洗顔の回数は朝晩2回のみで十分です。
その際も余分に皮脂を取りすぎないように、ぬるま湯でやさしく洗います。

ゴシゴシこするとその刺激が原因になって肌トラブルになることがあります。


そして、洗顔後はすぐにしっかりと保湿をしましょう。
化粧水をたっぷりとお肌になじませてから、クリームや乳液で蓋をして水分をお肌の表面にキープさせましょう。



この際選ぶ化粧品は、保湿に重点を置いたもので油分がカットされているものもありますので、できればそのようなタイプを探してみるといいかもしれません。これだけでもお肌が守られているような実感が出てくるはずです。

続けているうちに肌表面が刺激から強くなり、余分な皮脂分泌が解消されるので自然とにきび予防に繋がっていきますよ。